高次脳機能障害の疑いがある場合は弁護士へ!

交通事故に遭った場合の被害は様々で、必ずしも痛みを伴うとは限りません。
仮に外科治療で表面的な交通事故の被害が完治したとしても、自覚症状が少ない部分に後遺症を抱えてしまう場合は注意が必要です。
特に交通事故の際に頭部へダメージを受けた場合は、高次脳機能障害のおそれがありますので、精密検査が必要になります。

しかし、高次脳機能障害は診断が難しく、専門医でもはっきりとした診断内容を下せないケースが少なくありません。
そこで、高次脳機能障害の疑いがある場合は、交通事故専門の弁護士へ相談してみましょう。

交通事故専門の弁護士は様々な分野の医師と連携しており、高次脳機能障害についても適切な診断を受けることができます。
場合によっては自覚症状がなく家族など周囲の人から指摘されて症状に気づくこともあります。

いずれにしても高次脳機能障害は交通事故の賠償対象となり得ますので、弁護士へ相談して適正な保障を受けられるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました